背中ブツブツ 石鹸や化粧水の選び方

ボディのニキビに効く!石鹸・ボディーソープ・化粧水の選び方とは?

 

 

一般的には、脂性肌の人ほど吹き出物が出来やすいと思われていますが、実はこれは全くの間違いです。逆に、肌が乾燥すればする人ほど、肌トラブルが発生しやすくなります。

 

根本的な原因を解明し、さらに効果がある石鹸、化粧水の選び方を解説します。

 

 

ブツブツの原因は乾燥だった?

 

発症の原因は、毛穴が角栓によって詰まり、その中に多く分泌された皮脂が溜まることです。そこに皮脂が好物のマラセチア菌が入り込み、たくさん増殖して炎症を起こすと、赤く腫れ上がって痒みや痛みを伴うようになります。

 

つまり、もともとの原因は毛穴の詰まりと皮脂過剰分泌の2つになります。塞がった毛穴の内部に皮脂が溜まるという状態にならなければ、マラセチア菌による炎症や腫れなど起こらないわけです。

 

では、毛穴が詰まり、さらに皮脂分泌が過剰にされる根本的な原因は何なのでしょうか?

 

その答えは乾燥にあるのです。
肌の乾燥を防げば、予防、解消ができるということになります。

 

 

なぜ乾燥が原因になるのか?

 

 

 

大抵の人は、汗や皮脂の過剰分泌こそが吹き出物の原因であり、脂性肌の人ほど出来やすいと思われているようです。しかし、それは大きな誤解です。

 

実は、皮脂が過剰に分泌されるのは、肌が乾燥した時になるからです。

 

人間の体には本来、外部の攻撃から保護するために、2段階の保護バリア機能が備わっています。1つは角質層の水分と油分を重ね合わせて作ったラメラ構造というバリア。2つめが肌表面をコーティングする皮脂膜です。

 

1つめのラメラ構造が正常に動いている限り、表面の皮脂膜が多く張られることはありません。しかし、角質層が乾燥して水分を失い、ラメラ構造が壊れてしまうと肌の内部を保護するための皮脂膜が過剰に作られてしまうのです。

 

乾燥肌になると、逆に皮脂がたくさん分泌されて脂性肌が刺激されるというのが正解です。乾燥肌と脂性肌は逆の意味ではなく、乾燥肌の人が脂性肌になりやすいのです。

 

この結果から、肌が乾燥すると吹き出物が出来やすくなるという関係が成り立つわけです。

 

 

改善するには保湿力のある石鹸や化粧水が効きます!

 

原因が乾燥である以上、もっとも効果的なケアは保湿です。肌を充分に保湿していれば、角質層の肌バリアであるラメラ構造を落とさずに維持できますから、皮脂が過剰分泌されることはありません。

 

まずは保湿力の高い石鹸、化粧水などを使用してたっぷりの保湿ケアを行うことが重要です。具体的には、セラミド、天然保湿因子(NMF)など角質層の保水力をアップする成分を含んだ製品がオススメです。

 

 

 

⇒ ボディのブツブツに効く人気ボディソープはこちら!

 

 

 

⇒ ボディのブツブツを治す!ランキング1位の石鹸はこちら!

 

 

 

 

 

関連ページ

体の吹き出物に効くボディソープ
体の吹き出物に効くボディソープを紹介しています。
体のブツブツに効く石鹸!
体のブツブツに効果がある石鹸シアクルソープを紹介しています。
体の吹き出物には固形石鹸!
体の吹き出物に効く固形石鹸を紹介しています。
ミノン薬用スキンソープがボディの肌荒れに効く!
体の肌荒れに効くミノン薬用スキンソープを紹介しています。
入浴で身体を洗うのは、固形石鹸・ボディソープどちらが良いのか?
入浴で身体を洗うのは、固形石鹸・ボディソープどちらが良いのかアンケートを集めてみました。

背中の画像! 背中ニキビ レーザー! お尻ニキビケア! 二の腕のブツブツケア! 背中ニキビ 皮膚科!