簡単に試せるブツブツの治し方

簡単に試せる体のブツブツの治し方!口コミ!

 

 

体のニキビと言っても、人それぞれによって原因や症状は違います。

 

そこで、いろいろな人が実際に試して治った!効果あった!という方法をまとめて紹介しています。簡単に試せる方法を中心にまとめていますので、自分に合いそうな方法を試してみてはいかがでしょうか!

 

 

@ 入浴の順番は、シャンプー・コンディショナーなどをして、最後に必ず体・首を固形石鹸で洗いましょう。(市販のボディシャンプーは成分や汚れが残りやすいので控えましょう)ナイロンタオルやスポンジなどもあまりは使わないほうがベターです。

 

また、柔軟剤で肌があれる場合もあるので、洗剤は柔軟剤使わないほうがベストです。

 

ぽつぽつのできものの場合は、にきびではない場合もあります。 菌が原因の場合は、塗り薬では、真菌抗菌剤配合の軟膏がききます。「クロマイーN」などがオススメです。

 

体の中から治す飲む場合は、漢方で「ヨクイニン」で、効果がでるまで1か月〜3カ月ほどかかりますが、体全体の皮膚の荒れに効くのでつるつるになります。

 

 

 

A 食事を野菜中心にして、ファーストフードの食事は控えるようにしました。肉類はバランスよく食べて、高タンパク低カロリーの食物を食べることが良いでしょう。揚げ物などにしないで、なるべく食材をそのまま食べることが防止になります。

 

 

 

睡眠時間は長ければ良いということではありませんが、7時間〜8時間を毎日決まった時間で遅くても12時までには眠るようにしましょう。

 

衣類ですが、化繊の入ったものは避けるようにして、後ろのタグとかは必ず全部はずして、肌に刺激になるような切り替えしがあるような作りの服は避けましょう。

 

 

 

B ニキビを改善する1つの方法で、入浴では夏でも冬でも必ず肩まで湯船に浸かることが重要です。また湯ぶねの中でタオルで肩甲骨や首回りを擦ってから出るという事も効果的です。シャワーを浴びながら擦るのも効果は期待できます。

 

 

なかなか改善しない場合は、一度、普段から使っているシャンプーやトリートメントを見直すことも重要です。それを変えてみて、湯船の中やシャワーを浴びながらタオルでこすってみると効果が表れるかもしれません。

 

汗をたくさんだして、毛穴のとおりをよくすることも改善効果があります。

 

 

 

C 睡眠のベッドや布団では、バスタオルなど汗の吸収性の良いものをシーツ代わりにして、毎日変えるだけでも改善効果があります。

食生活の中で、習慣的に毎日食べるオススメの食材が果物です。果物のなかでもバナナが1番おすすめになります。

 

バナナには、ビタミンBやビタミンC、カロテンが驚くほどたくさん含まれていて、カロテンは体内でビタミンAに変わり、皮膚の健康を保持する作用があります。 鉄分、マグネシウム、カリウムなどのミネラルも豊富で、肌荒れの根本的原因となる便秘を改善する効果もあります。それなのに低カロリーなんです。

 

食べるタイミングは、食事の30分ほど前がベスト!

 

食前に食べると、消化が活発になり毒素などを正常に処理してくれます。

 

 

D ブツブツが繰り返しできるのを防ぐ方法として、洗い方を変えてみることも大切です。

 

 

 

まず簡単なストレッチ方法で、腕や肩全体をストレッチをして柔らかくして、上から下から横から、後ろの肌まで手が届くように続けます。手で直に全体を洗えるようにすることがポイントです。

 

どうしても届かない部分は、乾布摩擦でも良いですが、手の届く範囲はできるだけ自分の手でしっかりタオルをつかんで上下に擦れることが重要です。

 

後ろは手の力がバランスよく入らないので、目の粗いボディタオルではなく、目の細かい布のタオル(やさしい肌触り)でやさしく垢すりをするような感覚で洗います。

 

肌に力を押し付けて撫でるようにゆっくりと動かして洗います(体全体も同様の方法で洗います)

 

また、ボディーソープではなく固形石鹸を使用します(香り付きのぬる付きのあるものは避けましょう)

 

風呂から上がる時は必ず体ににしっかりお湯でかけ流しやシャワーをすることも忘れずに。これを毎日継続することが、改善につながります。

 

 

 

E 吹き出物が出来にくい食事とは?

 

まずニキビが出来にくい食べ物を食べる前に、できてしまう食べ物を摂らないようにします。

 

できる食べ物として共通するのは、やはり体に良くない食材になってしまいます。

 

油ものや激辛料理、お菓子やジュース、菓子パン。さらに肉や魚、卵や乳製品などもできやすい食べ物になります。白米やラーメン、うどんもよくありません。

 

他には、タバコやアルコールもNGです。ドレッシングやマヨネーズ、ソースも控えましょう。

 

では何を食べれば良いのかと言うと、本気で治したいと思われているなら、限られた食材になりますが、是非試してみて、治っていく喜びを実感してみてはいかがでしょうか!

 

 

 

その食材は、玄米、発芽玄米、煮込み野菜、海藻、豆類などになります。美味しいものが無い・・・と思われるかもしれませんが、加工された美味しい食事は、基本的には身体にはよくありません。自然の恵みのままの食材をなるべく加工せずにそのまま食べるのが、理想の食事になります。

 

この食事をまずは三ヶ月続けてみてください。ストレスがたまってしまう場合は、無理せずにたまには、好きなものを食べましょう。

 

他には、緑茶、麦茶、ブラックコーヒー、味噌汁、トマトジュースなどは、比較的に飲んでみるのは良いでしょう。

 

治す食材ではなく、なるべく作らない食材に切り替えると、人間が本来もっている自然の力が働き、健康な肌に導いてくれます。

 

 

 

【Jitte+(ジッテプラス)】

 

 



 

 

 

 


背中の画像! 背中ニキビ レーザー! お尻ニキビケア! 二の腕のブツブツケア! 背中ニキビ 皮膚科!